研究部紹介

疾患制御研究部

研究紹介

当センターが取り組むべき重要な疾患(糖尿病とその合併症、肝炎等の感染症、 その他の疾患)の制御(病因の解明、発症進展機構の解析、新しい治療法の開発)のために、疾患に関わるヒト細胞 (血液細胞、間葉系細胞、血管内皮細胞、脂肪細胞、肝細胞、等)を駆使して、その細胞生物学的な現象の解析と疾患特異的・細胞系列特異的な異常発生機構の解明を目指して研究を推進し、その成果の臨床応用をはかる。



主要スタッフ

部長 湯尾 明
幹細胞治療開発研究室長 佐伯 久美子
上級研究員 小林 徳彦
研究員 中原 正子
岡 雅子
協力研究員 鈴木 真之介
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る