研究部紹介

肝炎情報センター

研究紹介

1.情報提供機能
国内外の肝炎の診断・治療、予防、及びQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に関する情報や肝炎ウイルス感染症、その発症や重症化、癌化に関する情報等を収集してデータベース化を行い、解析した結果を様々な医療機関等に提供しています。肝炎に関する情報の求めに様々な角度から応えられる体制を整えています。
2.拠点病院間への情報共有及び支援機能
全国に点在する「肝疾患診療連携拠点病院」に対して研修や診療の支援を行いながら、全国の医療機関に対して国内外の最新の医療情報を提供しています。そのことによって肝炎・免疫研究センターを中心に拠点病院が同じレベルの医療を共有できる、医療の均てん化を図ることができます。
3.研修機能
さらに、肝炎情報センター情報だけではなく、医療人に対する研修分野においても貢献いたします。医療の均てん化と高度医療を目的としたカリキュラム作成、検査技師、看護師、医師、コーディネーター、カウンセラー等に対する教育プログラムを作成し、それらを様々な医療機関において実施しています。
4.臨床研究
B型・C型肝疾患に対するインターフェロン治療公費助成のアウトカムを検証するために、全国自治体の協力をえて、大規模データベース構築を行っています。


研究室紹介


主要スタッフ

肝炎情報センター長 考藤達哉
肝炎・免疫研究センター長補佐(委嘱) 田中純子
肝炎情報センター長補佐(委嘱) 江口有一郎
肝疾患医療情報室長 大澤陽介
肝疾患研修室長 是永匡紹
上級研究員 北山裕子
瀬戸山 博子
事務 横内 望
秘書 波多野祐子
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る