研究部紹介

研究部 一覧

研究所

所長室 国立国際医療研究センター 研究所長
満屋裕明
副所長室 国立国際医療研究センター 研究所副所長
石坂幸人
熱帯医学・マラリア研究部 マラリア学を中心とする熱帯医学の研究成果をもって、グローバルヘルスに貢献することをめざします。
呼吸器疾患研究部 難治性呼吸器疾患の病因・病態研究、およびヒト肺の炎症・生体防御に関わる遺伝子の変異同定、機能解析及びゲノム疫学国際共同研究を通じて、疾患発症の鍵になる分子の解明を目指しています。
感染症制御研究部 新興・再興感染症のうち、SARS、結核やコレラ等の重要な国際的感染症に関する先駆的診断法、予防法、治療法の開発研究を行なっています。
疾患制御研究部

当センターが取り組むべき重要な疾患の制御のために、疾患に関わるヒト細胞を駆使して分子細胞生物学的な研究を推進し、その成果の臨床応用をはかる。

難治性疾患研究部 二つの研究室からなり、難治性疾患研究室はHIV-1やSARS等の感染症を、臨床免疫研究室はNK細胞の疾病発症における役割に関する研究を行っています。
遺伝子診断治療開発研究部 遺伝と環境の相互作用が主要な成因的役割を果たす疾病(特に生活習慣病)に関して、その病態メカニズムの理解に立脚した、先駆的な診断、治療、予防法の開発を目指しています。
細胞組織再生医学研究部 胚性幹細胞や組織幹細胞を使った幹細胞の分離・培養法の確立と分化誘導法の研究を行い、新しい細胞療法として再生医療に応用することを目指しています。

糖尿病研究センター

分子糖尿病医学研究部 遺伝子改変マウスモデルや臨床検体を用いて、個体における糖代謝恒常性の維持とその破綻の分子メカニズムを明らかにすることで、糖尿病の画期的な治療戦略の提案を目指して研究を進めています。 (東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科をはじめとする外部機関とも連携して)
代謝疾患研究部 糖尿病・代謝疾患と合併症を中心に、臨床試料を用いた解析とモデル系を用いた解析を行い、画期的な診断・治療法の開発を目指しています。
分子代謝制御研究部 メタボリックシンドローム・2型糖尿病などの代謝性疾患の病因・病態の分子レベルならびに個体レベルでの解明と新規診断法・治療薬の開発を目指して研究を行っています。
臓器障害研究部 臨床検体や疾患モデル動物を試料として、蛋白、ペプチドの網羅的解析法を駆使した糖尿病とその合併症の新しい診断法及び治療法の開発を目指す研究を行っています。
糖尿病情報センター 糖尿病に関する臨床研究、糖尿病の臨床疫学に基づく医療連携の促進、先駆的医学の推進、地域医療連携に関わる情報提供および環境整備支援、医療従事者研修支援を行っています。

肝炎・免疫研究センター

肝疾患研究部 肝炎および肝癌に関して分子生物学的に解析を進め、新たな診断、治療への応用を目指しています。国内外の肝炎に関する最新情報を医療機関や患者さんに提供します。
消化器疾患研究部 消化器官について,外界との接点・生体防御の第一線という観点から、慢性炎症性疾患や感染性疾患の発症機転と病態の解析を行ない,新しい診断・予防・治療法の開発を目指しています。
免疫制御研究部 免疫異常により生じる自己免疫やアレルギー疾患及び免疫不全症の病態形成及び維持機構を解析し、制御・修復・予防への応用を目指しています。
免疫病理研究部 免疫担当細胞の分化、活性化機構を分子レベルで解明することにより、様々な免疫関連疾患に対する新しい診断法、治療法の開発を目指した研究を行っています。
肝炎情報センター 肝炎に関する最新の情報を多方面へ発信するとともに、肝疾患情報の集約・解析、肝疾患診療連携拠点病院間連絡協議会の事務局機能のほか、各種研修会を主催しています。

プロジェクト研究

分子炎症制御プロジェクト 免疫難病、感染症、生活習慣病などの病態に大きな影響を与える炎症反応に焦点を絞り、その制御メカニズムを分子レベルで理解することによって新規治療標的を見つけ出し、先駆的な治療法を開発することを目指しています。
脂質シグナリングプロジェクト リン脂質の代謝制御と生理活性脂質の作用メカニズムを分子レベルで解明し、種々の疾患における動態を解析しています。
膵島移植プロジェクト 次世代医療として、不安定1型糖尿病に対する同種膵島移植および重症慢性膵炎に対する自家膵島移植の臨床を行い、さらにその発展のための基礎研究を行うプロジェクトです。
生体恒常性プロジェクト 血液を作り出す造血幹細胞と白血病などの造血器腫瘍幹細胞をモデルとして、ニッチにある幹細胞の恒常性維持に必要な代謝制御分子機構を明らかにすることを目指しています。
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る