トピック・関連情報

最新情報

第15回研究所セミナーのおしらせ】2015年2月16日 水島昇先生(東京 大学)

2015年1月15日

センター各位

国立国際医療研究センター研究所では、各分野における著名な先生方を講師とし てお招きし、研究所セミナーを開催しております。

■第15回NCGM研究所セミナー

【日時】2015年2月16日(月)17時~18時
【場所】国立国際医療研究センター 研究所大会議室A&B(国府台中継予定)
【講師】水島 昇 先生 (東京大学)
【演題】「オートファジーによる細胞内分解」
【要旨】オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞質成分の分解システ ムである。出芽酵母をモデルとした解析を発端に、この約10年間、哺乳類を含むさまざまな真核生物でのオートファジーの分子機構と生理的意義の理解が急速に進んでいる。現在までに、オートファジーは飢餓時や初期胚発生時のアミノ酸プールの維持、細胞内品質管理を通じた神経変性・腫瘍抑制、細胞内細菌分解な どにおいて重要な役割を担っていることが明らかになった。本講演では、これら の生理的意義に加え、オートファジーを司る膜動態の分子機構、ヒト疾患との関 連についても議論したい。
【代表論文】

1.Itakura, E., Kishi-Itakura, C., Mizushima, N. The hairpin-type
tail-anchored SNARE syntaxin 17 targets to autophagosomes for fusion
with endosomes/lysosomes. Cell 151: 1256-1269 (2012).
2.Tsukamoto, S., Kuma, A., Murakami, M., Kishi, C., Yamamoto, A.,
Mizushima, N. Autophagy is essential for preimplantation development of
mouse embryos. Science 321: 117-120 (2008)
3.Hara, T., Nakamura, K., Matsui, M., Yamamoto, A., Nakahara, Y.,
Suzuki-Migishima, R. Yokoyama, M., Mishima, K., Saito, I., Okano, H.,
Mizushima, N. Suppression of basal autophagy in neural cells causes
neurodegenerative disease in mice. Nature 441, 885-889 (2006).
4.Kuma, A., Hatano, M., Matsui, M., Yamamoto, A., Nakaya, H., Yoshimori,
T., Ohsumi, Y., Tokuhisa, T., Mizushima, N. The role of autophagy
during the early neonatal starvation period. Nature. 432, 1032-1036 (2004).
5.Mizushima, N., Noda, T., Yoshimori, T., Tanaka, Y., Ishii, T., George,
M. D., Klionsky, D. J., Ohsumi, M. and Ohsumi, Y. A protein conjugation
system essential for autophagy Nature 395, 395-398. (1998)


■研究所セミナー:開催スケジュール

2015年---

第15回 水島昇先生(東京大学)(2/16)★

2014年---

第14回 田中啓二先生(東京都医学総合研究所)(12/8)

第13回 蜂矢正彦先生・村上仁先生(国際医療協力局)(10/27)

第12回 綿田裕孝先生(順天堂大学)(10/20)

第11回 須田年生先生(慶応大学)(9/29)

第10回 北潔先生(東京大学)(7/14)

第9回 徳永勝士先生(東京大学)(6/9)

第8回 小安重夫先生(理化学研究所)(4/21)

第7回 Jeffery S. Cox 先生 (UCSF)(3/25)

第6回 中釜斉先生(国立がんセンター)(1/21)

2013年---

第5回 成宮周先生(京都大学)(12/16)

第4回 宮島篤先生(東京大学)(11/25)

第3回 間野博行先生(東京大学)(10/21)

第2回 Timothy Hla 先生(Weil Cornel Medical College, Cornell Univ.)(8/1)

第1回 小林久隆先生(National Cancer Institute, NIH) (4/23)

PDFの資料はこちら


トピック・関連情報
最近の投稿
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る