トピック・関連情報

最新情報

【第26回研究所セミナー】4月25日 大野博司先生(理化学研究所)

2016年4月1日

■日時:2016年4月25日(月)17時~18時
■場所:研究所A・B会議室(国府台中継予定)
■演者:大野博司 先生(理化学研究所 
         粘膜システム研究グループ グループディレクター)
■演題:「宿主 ― 腸内細菌相互作用」
■要旨: ヒトを含む動物の腸内には膨大な数の腸内細菌群が常在・共生してい
る。また、食物や飲水とともに病原体を含む微生物が摂取される危険がある。こ
れらの外来異物に対処するために、私達の腸管は腸管関連リンパ組織という特殊
な腸管免疫系を発達させてきた。腸管免疫系が腸内微生物に対して免疫応答を起
こすためにはこれら微生物を取り込む必要がある。その役割を担うのが特殊に分
化した腸管上皮M細胞である。また、腸管免疫系は宿主に様々な影響を与えてい
る。本講演では、M細胞の機能と分化、ならびに腸内細菌が宿主の腸管バリア機
構や腸管免疫系に及ぼす影響の分子メカニズムについて、演者らの知見を中心に
紹介する

■2016年(H28年度)研究所セミナー:開催スケジュール
第26回 大野博司 先生(理化学研究所) (4/25)★
第27回 西中村隆一 先生(熊本大学) (5/23)
西野武士 先生 (東京大学)(6/13) 青木淳賢 先生(東北大学)(7/25)

理事 清水孝雄

PDFはこちら


トピック・関連情報
最近の投稿
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る