トピック・関連情報

最新情報

【第22回研究所セミナー】2015年10月19日 宮坂 昌之先生(大阪大学)

2015年10月14日

国立国際医療研究センター研究所では、各分野における著名講師をお招きし、研究所セミナー を開催しております。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:2015年10月19日(月)17時~18時
■場所:研究所A・B会議室
■ 演者:宮坂昌之先生 (大阪大学未来戦略機構・特任教授
            フィンランド国アカデミー トゥルク大学・FiDiPro教授)
■演題:リンパ節での恒常的リンパ球血管外移動はリゾリン脂質シグナリングにより調節される
■講演要旨:
ナイーブリンパ球は、胸腺あるいは骨髄から成熟した形で血液に放出され、全身を循環する。
血中のナイーブリンパ球は、高内皮細静脈(high endothelial venule; HEV)という特殊な血管を介してリンパ節実質に移行し、そこで然るべき抗原に出会えばリンパ節内で増殖、分裂し、抗原に出会わなければsphingosine-1-P(S1P)受容体を介したシグナルにより輸出リンパ管、胸管を経て血中に戻り、再循環する。
これまで、HEVにおけるリンパ球の移動制御機構として、接着分子、ケモカインを介した多段階カスケード反応が提唱されてきた。この中で、その初期段階のリンパ球のローリングや接着に関してはその分子的基礎が明らかになってきたが、後期の血管外移動の過程においては不明な点が多かった。2008年、われわれのグループ(Am J Pathol 13:1566, 2008)およびSteven Rosenのグループ(Nature Immunol 9:415, 2008)がリンパ節のHEV内皮細胞に特異的に発現する分子としてautotaxin(ATX)を報告した。
ATXは、血中に豊富に存在するリゾホスファチジルコリン(LPC)に働き、局所的にリゾホスファチジン酸(LPA)を生成する。ATXは、種々の病的リンパ球浸潤を媒介すると思われる血管においてもその発現が誘導されることから、リンパ球の血管外移動と機能的関係をもつことが推測される。その後、ATXが結晶化され、ATXが細胞表面に結合してLPAの産生に関わり、LPAシグナルを惹起することが示された(Nature Struc Mol Biol. 118:198, 2011, 118:205, 2011)。
われわれの解析では、ATXはHEV周囲およびリンパ節実質で産生され、内皮細胞上および線維芽様細網細胞上に固相化されて存在する。内皮細胞上のATXは、血流中のLPCを局所的にLPAに変換し、LPAがHEV内皮細胞上のLPA4受容体に働く。
一方、リンパ節実質の線維芽様細網細胞上のATXは局所的にLPAを産生し、産生されたLPAはリンパ球上のLPA2受容体に働く。このように、LPAが特定のLPA受容体を介してオートクライン、パラクライン的に働くことにより、リンパ球トラフィキングの制御が行われることが明らかになってきた。
ここでは、新たなリンパ球血管外移動制御分子としてのATX/LPAの役割について述べるとともに、S1P受容体シグナルとの関係についても考察したい。

PDFはこちら


■2015年(H27年度)研究所セミナー:今後の開催予定スケジュール

小川佳宏先生(東京医科歯科大 11/16)
西田栄介先生(京都大学 1/18) 粂 昭苑先生(東京工業大学 2/22)

第22回 宮坂昌之先生(大阪大学・トゥルク大学 10/19)★
第21回 長田重一先生(大阪大学 9/28)
第20回 竹中登一先生(ヒューマンサイエンス財 7/13)
第19回 松原洋一 先生(成育医療センター)(6/29)
第18回 上田泰己 先生(東京大学)(5/25)
第17回 片岡一則 先生(東京大学)(4/20)
第16回 Rudolf Grosschedl 先生(Max-Planck Institute) (3/24)
第15回 水島昇先生(東京大学) (2/16)


トピック・関連情報
最近の投稿
国立国際医療研究センター
ページの先頭へ戻る